本文へスキップ

病理診断・症例から学ぶ


【基本方針】 


     a) パターン的かつ論理的診断アプローチの習得.
      (肉眼および組織所見の丁寧な観察)

      b) 新しい知見の発見と論文報告.
    c
) 病理医・細胞検査士の育成.(研修プログラムはこちらへ)

1)バーチャルスライド

     クリックでサーバーへリンク 
      Presented by NanoZoomer Server (Hamamatsu)

2)症例から学ぶ

      

        病変別に学ぶ    クイズ形式で学ぶ 



        教室虎の穴朝練



3)パターン的かつ論理的診断アプローチ

  a) 組織診断
    @ 組織診断アプローチ法概論
    A「病理診断報告書の記載」, 腫瘍病理鑑別診断アトラス 甲状腺癌(文光堂)
    B「病理標本の取扱い方」「非浸潤性平坦状尿路上皮腫瘍」「病理診断報告書の
     記載」
, 腫瘍病理鑑別診断アトラス 腎盂・尿管・膀胱癌(文光堂)

  b) 細胞診断
    @ 細胞診断アプローチ法概論
    A「細胞診総論」病理診断アトラス −臨床医のための病理診断アトラス.第2
    巻(ベクトル・コア)

    B「骨軟部組織病変の細胞診」, 実用細胞診トレーニング(秀潤社)
    C「尿細胞診に際して知っておくべき泌尿器疾患の病理形態像」, スキルアップ
    サイトロジー(武藤)

        



4)興味深い知見.

a) 甲状腺乳頭癌の新しい亜型:
Thyroid papillary carcinoma with micropapillary and hobnail growth pattern: a histological variant with intermediate malignancy?

b) 尿細胞診における低異型度尿路上皮癌の特徴的細胞出現パターン
Unusual cytologic findings in low grade papillary transitional cell carcinoma.

c) Focal nodular hyperplasiaの背景肝組織にはNodular regenerative hyperplasiay様の結節が出現する.
Extranodular background liver parenchyma of focal nodular hyperplasia: histopathological characteristics.

d) 子宮頸部の“transitional cell carcinoma”は乳頭状腺癌の扁平上皮化生である
Mixed papillary adenocarcinoma and transitional cell carcinoma of the uterine cervix.

e) 肺のMixed squamous cell and glandular pailloma glandular paillomaの扁平上皮化生である.



5)症例報告

a) Mixed papillary adenocarcinoma and transitional cell carcinoma of the uterine cervix. (Pathol Int.)
  図; 子宮頸部のMixed papillary adenocarcinoma and transitional cell carcinomatransitional cell carcinomaと呼称されているが,実際は頚部腺癌の扁平上皮化生と考えられる.比較的若い患者に乳頭状に隆起する病変として認められる.深部に浸潤することは希である.


b) Epithelial-myoepithelial carcinoma with myoepithelial anaplasia: report of a case with cytologic findings of a rare variant. (Acta Cytol.)

    
図; 
Epithelial-myoepithelial carcinoma with myoepithelial anaplasiaEpithelial-myoepithelial carcinomaは一般的には比較的細胞異型が軽度で,予後の良い腫瘍であるが,希に強い細胞異型を示す症例が存在する.

c) Thyroid papillary carcinoma with micropapillary and hobnail growth pattern: a histological variant with intermediate malignancy? (Thyroid.) 
    
図; 甲状腺乳頭癌の新しい亜型として提唱.卵巣の漿液性腺癌に類似した組織像で,特徴的なmicropapillary and hobnail growth patternを示す.通常の乳頭癌よりも予後が悪いintermediate malignancyと考えられる.その後,Lloyd RV(Am J Surg Pathol. 2010 34:44-52)によって8例報告がなされている.



和歌山県立医科大学人体病理学教室

〒641-8509
和歌山市紀三井寺811-1 アクセス

TEL 073-441-0635
FAX 073-444-5777
w-hupath@wakayama-med.ac.jp


↑バナー画像について

 サイト内検索
Loading