本文へスキップ

教室&教室員の紹介

教授挨拶

  人体病理学教室のホームページにようこそ。

私どもの教室は、2015年1月から、新設された附属病院病理部と合体し、大学・大学院の教室名を人体病理学教室、附属病院科名を病理診断科と標榜し、基礎系講座から臨床系講座に所属変更となりました。今後、人体病理学教室は、臨床講座の一員として、人体病理学を教室の中心テーマとし、研究、教育、病理診断を行っていきます。

 私は、富山医科薬科大学を卒業後、京都府立医科大学、メリーランド大学、山梨大学、埼玉医科大学で、病理診断、研究および教育に携わってきました。最初に師事した京都府立医科大学の故蘆原司教授には、疾患に起こっている細胞生物学的現象を考えながら病理診断をすることの重要性(楽しさ)を教えていただきました。それ以降、私は、病理診断において良悪性鑑別の基本である細胞異型に興味を持ち、“癌細胞の細胞形態異常の分子病理学的背景”を研究テーマにしています。さらに蘆原教授からは、病理学のみならず「自主、自立、自律、自由、自覚」という5つのキーワードをもとに若い人を育てることの重要性を教わりました。その後、留学したメリーランド大学では、Joseph R. Lakowicz教授に蛍光物理学の不思議さを、Steven G. Silverberg教授に病理診断学を学びました。山梨大学では、加藤良平教授に内分泌病理学を教えていただきました。埼玉医科大学では清水道生教授をはじめ専門分野ごとの5人の教授陣と総勢20名を超える病理医の中で、欧米式の病理診断学を体験させていただきました。ご指導をいただいた先生方のいずれもが、病理学のみならず医学以外の様々な分野に造詣が深く、その知識が病理学にも反映されており、病理学を楽しんでおられることに驚かされました。

 さて、私が赴任しました和歌山は、南方熊楠(みなかた くまぐす)の故郷です。熊楠は、生物学者や民俗学者としてのみならず、米国や英国で活躍した国際性、自然保護運動を行った先駆性、スケールの大きい人間性など、様々な観点から近年、注目されており、テレビや雑誌でもよく取り上げられていますので、ご存じの方も多いと思います。熊楠は、1867年、和歌山城下橋丁(現・和歌山市)に生まれました。大学予備門(現・東京大学)を中退後、1886年に米国へ、1892年には英国に渡り、様々な学術研究を行い注目されました。特に英国では、ロンドン大学総長フレデリック・V・ディキンズに重用され、大英博物館に東洋研究員として資料の整理・研究に従事したようです。専門分野は主には植物学、特に隠花植物でしたが、様々な分野への探求心が強く、曼荼羅にもなぞらえられる知識の網を形成していきました。Nature誌に報告した論文は50を越え、今なお日本人最多だそうです。その後1900年に帰国し、和歌山・田辺市を拠点に、植物学や粘菌学の分野を中心に活動し、40種類を越える新種の粘菌を発見しています。熊楠が残した図譜や書簡を見ると、熊楠が常に新知見を求めた観察を行っていたことが判ります。熊楠が「最高の観察者」と言われる所以ではないでしょうか。また、「植物も興味深いが人類そのものも面白い」として民族学者としても活躍し、孫文や柳田国男らと親交がありました。さらに、“エコロジー(生態学)”という言葉を日本で初めて使い、全生命は互いに結ばれた生態系を形成しているという立場から自然保護を訴えた自然保護運動家の先駆者とされています。人物としては、癇癪持ちあるいは奇人・変人と評されていますが、おそらく頭に浮かぶあらゆる興味に何の迷いもなく探求心を躍らせたためでしょう。熊楠の講義を受けた昭和天皇は熊楠の強い個性が忘れられなかったようで、熊楠の死後、「雨にけふる神島を見て 紀伊の国の生みし南方熊楠を思ふ」と偲ばれています。

 和歌山県立医科大学の人体病理学教室は、昭和32年に岡野錦弥先生が初代教授として赴任されて以来、55年にわたる歴史ある教室です。前教授・覚道健一先生の時代からは人体病理学教室を標榜し、病理学の中でも臨床病理学に重点を置いた研究を行ってきました。私は、その伝統を引き継ぎ、病理診断を中心とした臨床病理学、臨床病理を支える基礎病理学および教育を三本柱にし、これらをうまく融和させた教室を構築したいと考えています。診断病理学は得てして、教科書や文献に頼りがちです。私は、熊楠が書籍に頼る学問を戒め、学問における実践と独創性の重要性を説いた「学問はいき物で、書籍は糟粕だ」という言葉を肝に銘じ、独自のユニークな研究成果を求めていきたいと思っています。その中で、私が教わってきました“病理学を楽しむ”ということを若い病理医、細胞検査士、学生の皆さんに学んで欲しいと思っています。“楽しむ”病理学を学びたい若い病理医、細胞検査士、学生の皆さん、ぜひ、私たちの教室へ遊びにきてください。お待ちしています。


教室員(スタッフ)


   

 教授 村田 晋一
 Murata Shin-ichi

smurata@wakayama-med.ac.jp
1986年:富山医科薬科大学・卒業
1990年:京都府立医科大学大学院・修了
1990年:京都府立医科大学・第一病理学教室、助手
1995年:京都府立医科大学附属病院・病院病理部、助手
1998年:メリーランド大学(米国)蛍光物理学センター 留学
1999年:メリーランド大学(米国)・病理学教室 留学
2000年:京都府立医科大学・第一病理学教室、助手
2001年:山梨大学医学部・人体病理学教室、准教授
2007年:埼玉医科大学国際医療センター・病理診断科、教授
2012年:和歌山県立医科大学・人体病理学教室、教授

2015年〜:和歌山県立医科大学・病理診断科、科長兼務
  講師  小島 史好
 Kojima Fumiyoshi
2003年 滋賀医科大学医学部医学科卒
2003年 京都大学附属病院内科研修医
2004年 三菱京都病院内科研修医
2005年 滋賀医科大学附属病院検査部研修医
2005年 滋賀医科大学附属病院検査部医員
2007年 京都第一赤十字病院検査部医員
2009年 滋賀医科大学附属病院検査部医員
2011年 大阪府済生会千里病院病理診断科医長
2014年 和歌山県立医科大学・人体病理学教室講師
  助教  藤本 正数
 Fujimoto Masakazu
2004年 熊本大学医学部医学科卒
2004年 日本赤十字社和歌山医療センター 研修医
2006年 京都大学医学部附属病院 病理診断部 修練医
2007年 京都桂病院 病理科 医員    
2009年 北野病院 臨床病理部 医員    
2011年 京都大学大学院入学
2015年 京都大学大学院修了

2015年 和歌山県立医科大学人体病理学講座 助教
  助教 割栢 健史
 Warigaya Kenji

2002年:東京大学・農学部生物環境工学 卒業
2009年:熊本大学・医学部医学科 卒業
2009年:沖縄県立中部病院・敬愛会中頭病院 研修医
2011年:埼玉医科大学国際医療センター 病理診断科 助教
2012年〜:和歌山県立医科大学・人体病理学教室 助教
 助教 松ア 生笛
 Matsuzaki Ibu
2008年: 大阪大学・医学部保健学科 卒業
2009-2012年:大阪大学大学院・保健学専攻修了
2012年〜:和歌山県立医科大学・人体病理学教室 助教
非常勤
 医師
赤松 裕子
  Akamatsu Hiroko
和歌山赤十字病院病理診断科非常勤医師 
 非常勤
 医師
児玉 理恵子
  
Kodama Rieko
海南医療センター病理診断科
 非常勤
 医師
原 重雄
  Hara Shigeo
神戸大学・病理学講座病理診断学分野・講師
 研究生 岩橋 吉史
  Iwahashi Yoshifumi
2009年 和歌山県立医科大学卒業
2009年 和歌山県立医科大学臨床研修医
2011年 公立那賀病院 病理診断部
   兼)和歌山県立医科大学人体病理学講座 研究生
 秘書 生駒 左江加
   Ikoma Saeka
2012年〜: 和歌山県立医科大学・人体病理学教室  秘
大学院
西野 勝
  
Nishino Masaru
臨床検査部病理診断室所属
大学院
修了
糸永 昌弘
 Itonaga Masahiro
消化器内科所属
大学院
準備課程
森 佑熙
 Mori Yuki
中口 恵太
 Nakaguchi Keita

奥田 勝也
 Okuda Katsuya

井口 豪人
 Iguchi Hideto
三笠 友理奈
 Mikasa Yurina
森下 広睦
 Morishita Hiromu


学部学生4回生 (2017年〜)

学部学生5回生 (2016年〜)

学部学生6回生 (2014年〜)

学部学生6回生 (2014年〜)

学部学生6回生 (2014年〜)

学部学生6回生 (2014年〜)

大学院
準備課程修了
田村 崇祥
 Tamura Takaaki
 2017年医学部卒業
医学部
学生
北原 大幹
   Kitahara Daiki
福井 彩香
   Fukui Ayaka
土井 裕美子
   Doi Yumiko
学部学生4回生

学部学生4回生

学部学生5回生
スタッフ裏の顔紹介


OB

 * 児玉 理恵子 (助教 2014/12/1-2015/3/31)  海南医療センター・病理診断科
 丹羽 徹  (助教 2015/12/1-2016/6/30)  有田市立病院・内科    


客員講師

平成29年度
  * 加藤良平先生(山梨大学人体病理学講座・教授)
  * 吉澤明彦先生(京都大学附属病院病理診断科・講師)

平成28年度
  * 森谷鈴子先生(滋賀医科大学臨床検査部・准教授)
  * 田丸淳一先生(埼玉医科大学総合医療センター病理部・教授)
  * 小川郁子先生(広島大学病院口腔検査センター・准教授)

平成27年度
  * 羽賀博典先生(京都大学医学部附属病院・病理診断科・教授)
  * 九嶋亮治先生(滋賀医科大学・臨床検査医学講座・教授)
  * 小森隆司先生(東京都立神経病院・検査科・部長)

 平成26年度
  * 近藤哲夫先生(山梨大学医学部・人体病理学教室・准教授)
  * 鷹橋浩幸先生(東京慈恵会医科大学・病理学講座・准教授)
  * 小西英一先生(京都府立医科大学・人体病理学講座・講師)

 平成25年度
  * 河原邦光先生(大阪府立呼吸器アレルギー医療センター・病理診断科部長)
  * 佐々木惇先生(埼玉医科大学・病理学教室教授)
  * 井村穣二先生(富山大学・病理診断学講座教授)
  * 石川雄一先生(がん研究会がん研究所・病理部部長)
  * 柳澤昭夫先生(京都府立医科大学・人体病理学講座教授   

 平成24年度
  * 河原邦光先生(大阪府立呼吸器アレルギー医療センター・病理診断科部長)
  * 清水道生先生(埼玉医科大学国際医療センター・病理診断科教授)
  * 加藤良平先生(山梨大学・人体病理学講座教授)



教室歴

  和歌山県立医科大学の人体病理学教室は、病理学第二教室の初代教授として昭和32年に岡野錦弥先生(昭和32年7月〜昭和35年3月)が赴任されて以来、 嶋崎昌義教授(昭和35年4月〜昭和42年3月)、 永井清和教授(昭和42年9月〜昭和54年6月)、 斉藤晃治教授(昭和55年2月〜平成元年7月)、 覚道健一教授(平成2年〜平成23年3月)、村田晋一教授(平成24年〜)と55年超にわたる歴史ある教室です。初期には基礎的内容を中心とした幅広い研究が行われてきましたが、前教授・覚道健一先生の時代からは、大学の教室名を病理学第二教室、大学院の教室名を人体病理学教室と標榜し、病理学の中でも臨床病理学に重点を置いた研究を行うようになりました。さらに、村田晋一教授赴任後、2015年1月からは、新設された附属病院病理部と合体し、基礎系講座から臨床系講座に所属変更となり、附属病院の病理診断を担当することになりました。教室名は大学および大学院共に人体病理学教室、附属病院の科名は病理診断科を、標榜することになりました。なお、病理学第一教室は病理学教室となり、第一・第二教室という名称は無くなりました。今後、人体病理学教室は、臨床講座の一員として、臨床病理学や病理診断学を教室の中心テーマとし、研究、教育、病理診断を行っていきます。

                  詳細データ(PDF file)


歴代教授

  第一代教授

岡野錦弥先生
昭和32年7月〜昭和35年3月

  第二代教授
嶋崎昌義先生
昭和35年4月〜昭和42年3月

 第三代教授
永井清和先生
昭和42年9月〜昭和54年6月

   第四代教授
斉藤晃治先生
昭和55年2月〜平成元年7月

第五代教授

覚道健一先生
平成2年〜平成23年3月
   




和歌山県立医科大学人体病理学教室

〒641-8509
和歌山市紀三井寺811-1 アクセス

TEL 073-441-0635
FAX 073-444-5777
w-hupath@wakayama-med.ac.jp


↑バナー画像について

 サイト内検索
Loading